海外ドラマFREAKS!

海外ドラマの新しい楽しみ方、教えます。

NETFLIX YOU

ゴシップガールのダンがサイコ野郎になって帰ってきた!YOU-君がすべて-が面白い!全話ネタバレあらすじ&レビュー

2019/01/09

Pocket

Netflixでまたまた面白そうなドラマが始まりました!

YOU-君がすべて-です。

一見ラブストーリーを思わせるタイトル&宣伝画像が公開されてますが、、、、

これ、、、かなり際どいサスペンスホラー!!

ネトフリってやっぱりすごい!と思わせてくれる超刺激的な新ドラマなんです。

1話目からHBO顔負けのヤバい展開から目が話せない!!

しかもどでかく写っている主人公、、、!!

よくみてください!【ゴシップガール】のダンこと、ベン・バッジリーですよ!

ゴシップガールが終わってから際立った活躍がなかったペンくんですけど、、、、

まさかの「サイコ野郎」役でのカムバック!!

これは2018年最後にアガるニュースでしたね。

ゴシップガールでも最終的に一番やばいやつだったダンを演じたペン君。

サイコ野郎を演じるのはお手の物

ちょっとみた感じではかなりハマってましたよーーー!!

というわけで、どこよりも早く【YOU-君がすべて-】の全話解説行ってみましょう!!


【YOU-君がすべて-】の全話解説

第1話 出会い

●あらすじ●

本屋の店長ジョー(ペン・バッジリー)はある日美しい女子大学院生ベックと知り合う。2人の出会いに運命を感じたジョーは密かにベックの観察を始める。インターネットを使い自宅をつきとめ、窓からベックの様子を眺める。やがてジョーは彼女を守ることに使命感を抱きはじめ、彼女の部屋に不法侵入し、PCを覗き見る。そこで彼女が詩人を目指していること、彼氏がいること、お金に窮していることなどを知る。

本を愛し、隣家の虐待を受けている少年を保護するなど人徳者としての一面を持つジョー。しかし彼のもう一つの顔は執拗なストーキング行為を続けるサイコパスだった。ジョーは酔って地下鉄の線路におちたベックを助けたことから、彼女との距離を縮める。同時にベックの彼氏をおびき出し、地下室で制裁を加えるのだった。

●第1話 出会い(pilot)感想●

もう。。。最高としかいいようがない。ベックが本屋で探し物をしていて、それを見つけてあげる&本のオススメをするという場面では最高に爽やかでかっこいいジョー。このまま恋が始まれば、最高のロマコメなのに、、、、!!海外ドラマ史上最速のストーキング行為にドン引きですよ(笑)。本屋の仲間には「がっつくなよ」的な感じを醸し出しつつがっつりストーキング。おいおい!

っていうか、ベックの部屋の窓がでかすぎますよね。ストーカーをおびき寄せているとしか思えないつくり。せめてカーテンしようよっ!ねっ!セックスどころかオナニーまで丸見えって(汗)!しかもそれをみながらジョーもゴソゴソ。これはもう笑うしかない展開!!こんなシーンみたことないぞ(笑)。そしておばあちゃんがナイスタイミング

それだけでもかなりおいしいのに、この第一話、展開も早くってついていくのが大変っ。ジョー君のサイコパスぶりがどんどん加速していきます。ベックちゃんを守らないとね!という謎の使命感を得たジョーはさっそくベックの彼氏の頭をポカーン!おいおい、もうやっちゃうの!?めっちゃ仕事早いわー!【デクスター】並みの仕事の速さ?まあ、pilotだもん、これくらいやらないとね?

個人的には隣家の少年とのやりとりが気になるところ!本をズタズタにしたあのクソ親父を早くやっちゃってほしいー!でも少年にはトラウマうえつけないで!

▼YOUについてのみんなのツイート▼

第2話 ニューヨーク最後のいい人

●あらすじ●

大学の助手としての座を確保するため、教授とディナーに行ったベックだったが、助手の仕事と引き換えに肉体関係を迫られ落ち込んでしまう。ベックはジョーを呼び出し、悩みを打ち明ける。優しい言葉をかけてくれるジョーに好感を感じたベックは彼を友人ピーチのパーティに誘う。

ピーチのパーティを訪れたジョーは貴重な本を盗み、隣人のパコにプレゼントする。ピーチはジョーに怪しい雰囲気を感じて警戒する。ジョーは監禁していたベックの元彼ベンジーをだまし、ピーナッツ入りのラテを飲ませてついに殺してしまう。

●第2話 ニューヨーク最後のいい人感想●

ベックと2人のシーンはとにかくいいムードなんですけどね。。。本当に残念なサイコパスなんですよ。ジョーくん。

ピーチのパーティでも貴重な本をさらっと盗んでしまう。そんな道徳観のなさにも反社会的精神がみてとれますよね。。。

しかもそれをパコにあげちゃうとか。純粋無垢なパコがかわいそうです。しかしジョーくんもどうやら幼少期に虐待にあっていたもよう。

ジョーにとってパコはかつての自分なのか。。。それにしてもベックはちょっと尻軽すぎでしょ。それだけ尻軽なら教授と寝ちゃえばよかったのでは??彼女の道徳観も微妙なところ!?

▼YOUについてのみんなのツイート▼

第3話 とりあえず保留

●あらすじ●

殺したベンジーの処理に手こずるジョー。燃やして処理することに決定し、必要な道具をパコに買いに行かせる。しかし怪しい買い物リストがパコの養父に見つかり警察を呼ばれてしまう。

車のトランクに詰め込んだ死体の匂いを感じたピーチは具合が悪くなり、ジョーへの不信感をつのらせる。

ピーチの疑いとはうらはらにベックはジョーを信頼し、好意を募らせていく。

●第3話 とりあえず保留感想●

思わず殺しちゃったけど、死体処理は結構大変。てことで、死体に振り回されるジョーがおもしろいEP。結局燃やすんだけど、あそこにハイカーが現れた時も「どうです、ご一緒に」なんて誘っちゃうジョーはなかなか肝が太い。

でもやっぱりパコに死体処理の道具を買いにいかせるのはダメでしょ。パコの養父はクズ野郎だけど、サイコパスとどっちがいいのか?うーん、難問だ。

しかしピーチの人を見る目はなかなか素晴らしい。女の勘ってすごいな。彼女が殺されないことを祈りたい!!


第4話 キャプテン

●あらすじ●

憧れのベックとベッドインを果たしたジョーだったが、興奮のあまり8秒で果ててしまう。しかもバスルームにこもったベックは「キャプテン」という男とモーテルで会う約束を取り付ける。

スマホを盗み見たジョーはベックの後を追って地方で行われている「ディケンズ祭り」に潜入する。そこでベックが会っていたのは実父とその家族だった。

ベックの複雑な家庭環境につけこみ、ジョーは彼女との関係を深める。

2回目のベッドインでは初回のミスを取り戻し、ベックを満足させることに成功する。ジョーはピーチからの疑いの目をそらすため盗んだ本を返却する。

●第4話 キャプテン感想●

まさかね、、、ジョーのミコスリ半劇場が開幕するとは(笑! 優しげでミステリアスな男を演じても、いくらなんでも8秒はかっこ悪い。さすがに気まずいジョーくんが面白かった。

しかも!不屈のストーキング精神でしっかり名誉挽回できたし!このしつこさ。男としては見習いたい人もいるかも!

でもね、ここらでやっとボロを出し始めたジョー。さすがにディケンズ祭りで偶然ばったり!はナイでしょ。なんとかごまかしたけど、そろそろ綻びがでてきそう。

▼YOUについてのみんなのツイート▼

第5話 敵との向き合い方

●あらすじ●
ベックの日常はピーチに支配されていた。ピーチはベックに編集者を紹介すると言ってパーティを開くが、実際は彼女の実力を認めず、手元においておきたがっていた。

ジョーはピーチの持ち物を調べ、彼女がベックに執拗にこだわっていること、恋愛感情があることを知る。

ピーチを失脚させるためアニカを使うジョー。しかし作戦はうまくいかず、逆にピーチの作戦にかかりベックはピーチにかかりきりになってしまう。

ジョーの怒りは頂点に達し、ランニングコースでピーチを殴り殺そうとする。

●第5話 敵との向き合い方感想●

ピーチの歪んだ愛情と支配欲が浮き彫りになった回。単なる友達だと思ってたけど、ピーチもまたストーカーだったとは!!

ベックって本当にやばいかも。生まれながらにストーカーを呼び寄せてしまうイタコ体質?

ピーチとジョーのストーカー対決はピーチの勝ち!に思えたけれど、最後にジョーが暴力で無理やり勝ちをもぎとった?

しかしジョーは本屋の店主だけあって、リアルにひ弱だった。。。パコの養父にも殴られてズタボロ。さあ、どうなる?

第6話 狂気の愛

●あらすじ●
ピーチは一命をとりとめた。しかしベックへの執着はジョーという敵が現れたことにより加熱。ベックを別荘へと誘いだし、2人だけの週末を過ごす。

さらにパリへ行って再出発する計画をもちかける。ジョーはピーチの別荘へと向かう途中事故に会ってしまう。警察に尋問されるがとっさの嘘でごまかす。

別荘でピーチの覗き行為と拳銃を見たジョーは頭を打ったショックからも混乱し、ジョーを守る使命感にかられてピーチを撃ち殺してしまう。

●第6話 狂気の愛感想●

ジョーとピーチ。2人のストーカーが早くも激突。本当にこのドラマってば展開が早くて目が離せない。

深みがあるかないかで言えば、特に深みはないわけだけど(笑、スピード感があって飽きさせない。

ジョーってちょこちょこ雑に嘘ついたり、証拠残しちゃったりしてて(オシッコとかね...)そのへんもっと追求されないの?とか思うんだけど、そこらへんはフューチャーされてないのが気になる!!

ベンジーの時計をピーチが見つけた時はさすがにハッとさせられたけどね!!そんでもってついにピーチにフラグが立っちゃって、ビッチなストーカーピーチが退場。最後まで互角な戦いを見せてくれたピーチはいいキャラだったな。。RIP!

▼YOUについてのみんなのツイート▼

第7話 エブリシングシップ

●あらすじ●
ピーチがいなくなり、ジョーとベックの仲は深まるかに見えた。しかし、日に日に息苦しさを覚えるベック。セラピーに通い苦しさの原因を探ろうとする。

ジョーはベックの誕生会を企画し2人の仲を復活させようとするがうまくいかず、かえって溝をふかめてしまう。

ジョーはベックとセラピストの仲を疑いはじめ、自分も身分を偽って同じセラピーへと通う。しかしそこで見つけたのはベックが心から休養を望んでいる事実だった。

●第7話エブリシングシップ感想●

ジョーがストーカーじゃなかったら、誰も殺してなかったら、本当に素敵なラブストーリーなんだけどな。このドラマ(笑。

2人でゲームをして新しい単語をつくったり、小さな諍いを繰り返しながらも信頼関係をつくりあげていく姿もほっこりする。

ベックの気持ちを知って自分から別れをつげるジョーも切ない!!

だけど!!だけでも!!ジョーって完全にサイコパスなんだよなー。

ロマンチックすぎて一瞬ピーチを殺したこととか忘れそうになるんだけど^^:

そろそろ第7話。ラストが見えてきたけどこれ、どうやって決着すんの?ジョー逮捕で終わったら普通に後味悪いな、、、、って気がしてきた。

ていうか、ジョーとベックが通うセラピスト。【フルハウス】のジェシー、ことジョンステイモスだったね♡なつかしい!ちょっぴり胡散臭いカウンセラーの役にどハマり!笑笑

第8話 僕は君のもの

●あらすじ●
ジョーとベックが別れて3ヵ月。ジョーには新しい恋人ができ、ベックはピーチとの思い出を書いたエッセイで賞をとり、人気作家になっていた。

新たな生活に満足する一方、ベックはジョーに未練を抱くようになる。ジョーの家の周りをうろつくベック。2人の距離は近づき、ジョーは再びベックに夢中になってしまう。

薬物中毒に陥ったパコの母親の面倒をみていたジョーだったが、パコの母親が再びかつての恋人とよりを戻すことになり、パコは絶望する。

●第8話 僕は君のもの感想●

前回も書いたけど、ほんとうにジョーがストーカーなのが惜しいよね。。。

このEPのラスト、ジョーがベックのうちをたずねて「僕は君のものだ!知ってるだろ!」と叫ぶくだりなんか超ロマンチック

普通にロマンティックコメディ映画のラストシーンでもいいなって思うのに!!

実際やばすぎるストーカーだから半裸のシーンとかも気持ち悪くみえちゃうっていうね...。

ジョーの新恋人カレンは超絶いい人だったから、逃げ延びれてよかった^^;

でも彼女はどうしてジョーの元カノキャンディスのことを知ってるのか?

ベックに「キャンディスみたいになるかも」と言い残して去るカレンに謎が残った。さあラスト二話。ジョー君の秘密が暴かれる!?

第9話 キャンディス

●あらすじ●
カレンに「キャンディスみたいになるわよ」と言われたベックはジョーの元カノが気になってしかたがない。

SNSを使って独自にキャンディスを探し始めると、彼女の周囲の人物が不審死している事実につきあたる。

ジョーが殺したのではないかと疑いを抱くベック。思い切ってジョーに詰め寄ると、ジョーは思いも寄らない真実を語り出す。

実はキャンディスはイタリアで名前を変えて生きており、ジョーは育ての親であるムーニーを放置した罪から心を閉ざしていたと。

ベックはジョーの優しい気持ちに感動し、心からの信頼を寄せる。ジョーはベックの浮気を知るが、彼女に愛してると言われたことで救われる。

ついに愛し合うようになった2人。だが、幸せは続かなかった。ベックはジョーの部屋のトイレで秘密の箱を見つけてしまう。

中にはこれまでにジョーが殺した人物の思い出の品がつめこまれていた。

●第9話 キャンディス ネタバレ感想●

思い切りハラハラさせられた手に汗握るEPでしたね。これまでストーキングされる側だったベックが、ジョーの過去を探っていくというところが面白い。

このドラマの主題である「SNSの怖さ」がよくわかったよね。SNSで誰でも疑心暗鬼。まあ、ジョーの周りは死体だらけで異常だけどね。。。

とくにキャンディスの死体が出てこないところがまた不気味でね。キャンディスの元彼は殺しちゃってるんだけど、キャンディスは出てこない。

それにジョーは初めての殺人をしてしまった時、ムーニーに打ち明けてるんだよね。。でもそれを正当化したのはなんとムーニー!!

そこで歪みが起きちゃったんだ...と若干切なくなったりね。生まれながらのサイコパスじゃなくて。ジョーはムーニーに殺人鬼として育てられてるんだよね。

うーん。ジョーにもちょっぴり同情の余地が出てきて、ますます逮捕されるのがかわいそうになってきた?

でもベックがトイレで殺人の記念品を見つけちゃうシーンは最高。黒焦げの歯を見つけちゃったらパニックになるよね!

ピーチの件で探偵がやってきて、ちょっと焦るジョーだけど、おしっこの件も意外とおとがめなし

最終的にあれが伏線になると思ったんだけどね!!笑

第10話(最終回) 青ヒゲの城

●あらすじ●
殺人の記念品を見つけてすべてを知ってしまったベックはジョーの秘密の地下室に監禁される。

ジョーは彼女にすべて愛からの犯行だったことを知ってもらおうと説明するが、ベックには通じない。

しかたなく、ベックの失踪を偽装するジョー。ベックは物語を執筆しジョーへの愛情を示すことで地下牢からの脱出をこころみる。

母親に暴力をふるった男を許せないパコは殺人を計画する。しかし力が足りず、ジョーがとどめを刺す。

ベックはジョーをだまし、なんとか脱出し通りかかったパコに助けを求める。

しかしパコはジョーを助けるためにベックを見捨てる。ベックは結局ジョーにつかまり殺されてしまう。

ベック亡き後、ジョーはベックが地下室で書いた本をブライスに送り、それが出版される。

その本にはすべての犯行はセラピストによるものだと書かれていた。

ジョーは平穏な毎日を取り戻し、セラピストは逮捕される。しかしそこに現れたのは...。

●第10話(最終回) 青ヒゲの城 ネタバレ感想●

ついに最終回!ついに地下室に閉じ込められたベック!いつか閉じ込められると思ってたけどね。。。

でもでも、私の予想では最終的にベックが地下から這い出てジョーの犯罪を告発するのかと思ってた!

実際はジョーの完全勝利!!これってノワール小説だったんだ!驚きー!やや強引だけどまるっとセラピストのせいにしてサイコパスジョーくんは無罪放免。

しかも「ベックの夢を叶えてあげた僕」的な爽やかな自己満足で終わったのが結構すごい。いびつすぎる愛の形にぞくっとしたね!

本をなによりも愛するジョーにとっては、恋愛も一つの物語。美しく完結することが重要だったのかも?ここらへんは原作よんだほうがじっくり理解できるかもしれないね。

かわいそうだったのはパコだけど、まるでジョーの二の舞。なにより大切なのは愛、そのためには殺人だってOK!という歪んだ精神性を植えつけられちゃって。

立派なサイコパスに成長しないといいけど!(しかし真面目なことを書くと、こうでもしないと子供が虐待から抜け出すのは困難。ジョーが悪いと一概に言えない部分もあるよね)

ベックについては本当に不運としかいいようがないよ。。。可愛い普通の子だったのに。ちょっぴりビッチでも、頑張り屋さんだった!結局ジョーに魅入られたのが運のツキだったね。。

キャンディスくらいの悪じゃないとジョーとは渡り合えなかった?ってことで、驚いたのがラストシーン。キャンディスが生きてた!まさかのクリフハンガー!!

ベックの話で終わったほうがスッキリしたような気はしたけど!ジョーがキャンディスに追い詰められるシーズン2もやっぱり見てみたいねっ!!


【YOU-君がすべて-】のシーズン2は!?

【YOU-君のすべて-】は2019年にシーズン2の公開が決まってます!

早くも大人気ですね!!

1シーズン10話だとすぐにみ終わってしまうので、

早く次のシーズンが始まるといいですよねっ!!

配信はネットフリックスになるようです!

 

【YOU-君がすべて-】のimdbの評価は!?

【YOU-君のすべて-】のimdb評価は8となっています。

これはかなり高い数字!

サスペンス系のドラマの中でも人気の高いドラマだと言えそうです!!

 

【YOU-君がすべて-】の原作はこれ!

このドラマ、実は原作があるんです。

それがこの本【YOU上・下巻】です↓↓↓

YOU(上) (講談社文庫)

YOU(下) (講談社文庫)

作者はキャロライン・ケプネス。amazonの評価は最悪だけど、ドラマは結構おもしろかったよね!!

ペンバッジリーの演技力か、はたまたキモオタストーカーが彼のハマり役だったのか!

原作とあわせて楽しめばドラマも2倍面白いかも。興味があるかたはどうぞ!

どうやら原作ではドラマ以上にベックがメンヘラビッチっぽく描かれているらしいです。。。

ドラマ版ではエリザベスライルが可愛すぎたから、ジョーじゃなくても惚れちゃう気持ちに共感できたよね^^;


-NETFLIX, YOU