海外ドラマFREAKS!

海外ドラマの新しい楽しみ方、教えます。

NETFLIX セックスエデュケーション

Netflix【セックスエデュケーション】が最高すぎ!【glee】に続く胸アツの学園ドラマ〜全話ネタバレあらすじ&感想〜レビューもあるよ!

Pocket






Netflixの【セックスエデュケーション】が面白い。

もし今一気見したいドラマを探しているなら、このドラマをオススメする!!

タイトルが【セックスエデュケーション(性教育)】なもんだから、AVっぽいというかなんというか卑猥さを感じて敬遠してしまう人が多いのでは…思うんだけど、実はこれ、今年度絶対にみたい高クオリティの青春ドラマ

人気学園モノ、【glee】や【ゴシップガール】、【TheOC】などにハマった人なら、ハマることうけあい。

これらのドラマに引けをとらないどころか、超えちゃうくらい面白いドラマなのだ!!

1話、2話目あたりは確かにちょっとびっくりするセックスシーンとかあって、「こんなの配信しちゃっていいの?」と目を白黒させちゃう人もいるかもしれないんだけど(モザイクなしだし笑)、話がすすむうちにどんどん、このドラマは卑猥なだけじゃないんだって気付く!!

確かにセックスにまつわる話だし、笑えるほどアケスケで過激なんだけど...だからこそ高校生たちの(さらにその周囲の大人の)リアルな胸のいたみが伝わってきて、ラスト2話くらいはもう胸いっぱい!

はっきり言って泣けるし!!キュンキュンするし!!

これぞ本当の【セックスエデュケーション(性教育)】じゃん!?って思うくらい、セックスの大切さや難しさが伝わってくる。

もしまだ見てないなら、今年中にゼッタイ見て欲しい、超絶オススメのドラマだ。




主人公を演じたのは【ヒューゴの不思議な発明】【エンダーのゲーム】のエイサ・バターフィールド

主人公を演じたのは、子役として【ヒューゴの不思議な発明】や【エンダーのゲーム】などで主演をつとめたエイサ・バターフィールド。

 

View this post on Instagram

 

Asa Butterfieldさん(@asaboppss)がシェアした投稿 -


繊細かつコミカルな演技で多感な高校生を好演!!

イギリス出身のエイサ君はとにかく品がいい!

性にまつわる強烈なエピソードが続出しても、彼の存在がすべてを上品にまとめてくれる気がする。

今年21歳のエイサ君だが童顔だし、体つきも華奢で高校生(しかも16歳)の役でもすんなり馴染んじゃってる。

ダサい髪型も通学用ヘルメットもとにかく似合う(萌)!!

さらにこの特徴的な瞳!ビー玉みたいな、キャンディみたいな透き通った水色の瞳がとにかくキレイで、アップになると引き込まれてしまう。

「過去のトラウマのせいでオナニー恐怖症の高校生」というちょっとあぶなっかしい役がここまでハマるのは彼しかいない!!

少々おかしな役でもこのキラキラの瞳がすべてを緩和してくれる・・・!!

 

View this post on Instagram

 

✧✧さん(@asabutterfieldfansx)がシェアした投稿 -

もっと見ていたい!と純粋に思わせてくれるピュアな主人公を演じてくれたエイサ君に惜しみない拍手を送りたい。

セックスエデュケーション全話あらすじ

第1話 あらすじ

セックスセラビストの母親と二人暮らしの高校生オーティスには悩みがあった。それは、射精が怖くてオナニーすら、できないということ。

彼女もおらず童貞で、親友のエリックとともに、目立たない学校生活を送っていた。しかしある時、ひょんなことから学校イチ目立つ女子、ヤリマンと噂のメイヴと知り合いになる。

メイヴは廃屋で同級生エイミーから彼氏アダムとの関係で悩んでいるという話を聞く。エイミーによると巨根のアダムはセックスをしても射精をしないらしい。

このことに密かに悩んでいたアダムはこっそりバイアグラを入手して服用する。すると勃起がおさまらない状態に!

この騒動に巻き込まれたオーティスはアダムにセラピーを行い、自分に自信を持つように言う。

オーティスに勇気付けられたアダムは学校の食堂でフルチンになり、自分をアピールする。

 

第2話 あらすじ 

オーティスはメイヴとともに学内のセックスセラピストとして活動をはじめる。

だがなかなか相談者は現れず、二人はパーティで無料セラピーを行い、客にアピールすることにする。

パーティで酔っ払ったエリックは人気者たちの前でフェラのやり方を披露する。

オーティスはお互いの気持ちのすれ違いで仲違いしているカップルのセラピーに成功する。

メイヴは妊娠検査薬で自分が妊娠していることを知る。

 

第3話 あらすじ 

オリジナルの漫画を描いているリリーはセックスの経験がなく、性描写に悩んでいた。

自分もセックスをしてみたいと思い、エリックに狙いをつける。

エリックの自宅をたずね、セックスに持ち込もうとするが、ゲイだからという理由で拒まれてしまう。

メイヴは堕胎することを決意するが、クリニックは迎えの人間が必要だと言う。

メイヴはお腹の子の父親であるジャクソンには妊娠を告げず、オーティスに指定の場所にきて欲しいと頼む。

オーティスはメイヴの手術を待つ間、カトリック信者のカップルのセラピーを行う。

メイヴは待っていてくれたオーティスに好意を抱く。二人は良い雰囲気になるが、オーティスは焦ってキスのチャンスを逃してしまう。

 





 

第4話 あらすじ 

夢精して目覚めたオーティスは、メイヴへの恋心に気づくが、タイミング悪くジャクソンが現れ、メイヴへの告白を手伝ってくれと頼まれる。

手伝いたくないオーティスはジャクソンに最悪な告白法を伝授する。

カウンセリングに訪れたのはレズビアンカップル。セックスがうまくいかず悩んでいると言う。

オーティスは肉体関係よりも精神的なところに問題がありそうだと睨む。

オーティスの母親は配管工の男性に惹かれていく。

最悪なはずの告白がうまく生き、メイヴとジャクソンは付き合うことになる。

レズビアンカップルは心のすれ違いに気づき、オーティスは学校でオナニーにトライするが失敗する。

 

 

第5話 あらすじ 

エリックの誕生日。オーティスとエリックは毎年仮装してヘドウィグの映画をみにいくことになっていた。

しかし学校で女性器の画像がばら撒かれ、誰のものなのかということが話題になる。

犯人探しを依頼されるメイヴとオーティス。

オーティスは犯人探しに振り回され、エリックとの約束を破ってしまう。

そのせいでエリックは盗難にあい、帰り道で暴行されてしまう。

二人の間には溝ができてしまった。

メイヴはジャクソンの恵まれた環境に劣等感を覚え、食事会から脱走してしまう。

オーティスとの関係に安らぎを覚えるメイヴ。しかし、帰宅するとジャクソンが現れ、自分は不安症を抱えていると告白する。

メイヴはジャクソンとも別れられず、ズルズルと関係を続ける。

 

 

第6話 あらすじ 

オーティスはメイヴとの関係を進めたいと考えるが、まずは童貞を捨てるべきだという思いからリリーを誘う。

しかしいざとなると恐怖が襲われ、パニック発作をおこして卒倒してしまう。

オーティスの母ジーンは配管工のジェイコブといい雰囲気になるが、息子のパニックのせいで一時中断。

リリーを見送ったオーティスはジェイコブの娘のオーラと出会い、いい雰囲気になる。

オーティスとの関係が悪化したエリックはイライラを募らせ、ついに学校で暴力沙汰を起こして停学になってしまう。

 

 

第7話 あらすじ 

学校でダンスパーティが行われ、メイヴはジェイソンと、オーティスはオーラと行くことになる。

オーティスへの気持ちに気づいたメイヴはオーラに意地悪な情報を流す。

オーラはメイヴとオーティスの微妙な関係に気づき、問い詰めると、オーティスは口を滑らせて失礼なことを言ってしまう。

自宅謹慎していたエリックは教会の説教を聞いたことで自分を取り戻し、勇気をだしてゲイらしい格好でパーティに登場。

オーティスと仲直りして二人でダンスを踊った。

しかし、そのパーティの最中に自殺騒ぎが起こる。

オーティスの必死の説得で場はおさまったが、オーティスは責任を感じメイヴにカウンセリングはもうやめようと言う。

メイヴはやめないと言い、それを聞いたジャクソンはメイヴがオーティスに惹かれていることを知る。

ジャクソンはオーティスの助言でメイヴを手に入れたことを暴露し、メイヴは傷ついてカウンセリングはおしまいだという。

 

 

第8話 最終話あらすじ 

オーティスとメイヴの関係はすれ違ったままだった。

リリーはいざセックスとなった時に膣痙攣によって挿入が不可能だったことをオーティスに相談する。

オーティスはリリーとともに自転車で坂を下り、勇気を得る。

メイヴに手紙をかき、プレゼントを贈る。オーラとの仲直りにも成功する。

エリックは最大の敵だったアダムと掃除をやらされるが、喧嘩から体の関係へと発展する。

二人の間に何かが芽生えたが、アダムは士官学校へと送られてしまう。

メイヴはジャクソンとの関係を終わらせ、オーティスの元へ向かう。

しかしそこで見たのはオーティスがオーラとキスをしているところだった。

オーティスはオーラとのキスに勃起し、ついにオナニーに成功する。

 





セックスエデュケーション・感想・レビュー

性欲は人間の基本的な欲求であるし、セックスは本来自然な行いであるのにもかかわらず、どうしてこうも滑稽なのだろう。

ベッドから落ちたり、勃起がおさまらなくなったり、性器の画像を流出させちゃったり、普段ならしない失敗をしてしまうのがセックスの怖いところだ。

本能がちょっぴり行き過ぎて、理性がふっとび、人間におかしな振る舞いをさせてしまう。

セックスエデュケーションはそんなセックスの「滑稽さ」に焦点をあて、真正面から向き合い、そこにある本質的な美しさに迫った価値あるドラマだ。

1話目、二話目くらいまでセックスシーンの赤裸々さに驚くと思うが、あとあとそれらのシーンの面白さが活きてくるのでちょっと我慢して欲しい笑。

セックスは馬鹿らしく、滑稽で、イヤラシイ!と思っていたのが、最終話まで見ると、だけどやっぱりセックスって、とても大事で崇高なものなのだ、という気持ちにさせられるのだ。うーん、本当に凄い。この脚本!

主人公のオースティンはオナニーもできないほど性に潔癖な男子だ。

なのにどういうわけか、セックスセラピストの役割を演じることになる。

皮肉にも思える(ちょっと無理矢理にも思える笑)が、面白い展開である。

彼は人のセックスの悩みを聞くうちに自分自身のセックスとも向き合わなければならなくなっていくからだ。

実際オースティンは最終話に向けて自分のセックスアレルギーに真正面から向き合い、そして見事、最終話でその嫌悪感を突破してみせる。

本当に清々しいくらい真面目なオースティンのキャラは素直に応援したくなるし、彼の周囲の友人たちも実はいい奴らで見ているうちにどんどん好きになってしまう。

彼らが一人一人の問題を解決していく様はとても感動的で、最終話は泣けちゃうくらいに素晴らしい。滑稽なセックスのその先、を彼らは経験するのだ。

そして視聴者もまた、オースティンとともにセックスだらけの世界を旅し、いつしかセックスは滑稽だ、セックスは恥ずかしい、そんな思いから、解放される。

例えば最終回でメイヴは、オーティスとオーラのキスを見てショックを受ける。

セックスフレンドを持つほど解放的で、恋愛にもクールだった彼女が、キスごときで、だ。

つまり、これは彼女がオースティンとともに「セックスエデュケーション」を学んだ結果なのだ。

性とは何か、セックスとは何か…オースティンとともにおかしなフィールドワークを繰り広げた彼女は、人を愛することを知った。

人を愛する気持ちを知った時、キスはセックスよりも価値あるものになったのだ。メイヴのこのシーンに胸がぎゅっとなった人は多かったはず!

シーズン1では残念ながらオースティンとメイヴは結ばれないが、この先に彼らが結ばれるとしたら、きっとそこで彼らは気付く。

本当のセックスの美しさや快感に。

このドラマが継続され、そこまで見届けられることを思うと、ゾクゾクしてしまう。

それはなんて素敵なことなんだろうと!!

そう考えると、、、

このドラマは本当に、タイトル通り、子供だけではなく大人にも「セックスのとは何か?」を再認識させてくれる「セックスエデュケーション(性教育)」の教科書だ。

とりあえずここまで真正面からセックスについて考えさせてくれて、そしてたくさん笑わせてくれて、感動させてくれてありがとうと言いたい。

また、エミー賞も夢じゃないのではないかという出来の作品に早くも出会えたことにも重ねて感謝したい!本当にシーズン2が待ちどおしい!!

 

セックスエデュケーション、シーズン2はいつ配信されるの?

セックスエデュケーションのシーズン2の配信日は決まっていませんが、すでに制作は決定済み!

とても面白いドラマだし、愛すべきキャラがわんさかいるので、まだまだ続いて欲しいですね!!

私のお気に入りはもちろんオースティンですけど、アダムとエリックの関係もめちゃくちゃ気になるっ!!

ネトフリのオリジナルドラマなので、配信はネットフリックスで間違い無いでしょう。待ち遠しいですね♡





-NETFLIX, セックスエデュケーション